Royal Vegasオンラインカジノ

サインアップ

時間がない人のための運動

現代人は間違いなく太り過ぎなのだ。

2019年、国会では定年退職後は年金に加え2000万円ほどが必要だという調査書が提出された。メディアによる報道加熱を不快に思ったのか、政府は受け取りを拒否。2000万円・・・普通に貯金するのなら、庶民なら最低でも10年~15年はかかってしまう金額だ。そうじゃなくても不意の出費というものはある。を当てることができたら、2000万円などあっという間だが、それだってよっぽど運が良くない限り、難しい話だろう。 一番大きな出費は医療費だ。日本の国民皆保険だって、いつまで続くかなんてわからない。

[もっと読む...]

サッカーのマッチがどのように修正されているか

サッカーフィールド

国際的なスポーツ界では、ドーピングや賄賂などの不正がいまだはびこっています。世界でも最も人気のスポーツの一つであるサッカーにおいてもスキャンダルが後を絶ちません。

[もっと読む...]
カテゴリー: スポーツ

もしVARシステムによって人生が左右されたら?

一般的な監視

ラグビー、フットボールなどのスポーツファンであれば、VAR(ビデオアシスタントレフリー)は馴染み深いものです。VARは、競技の審判に撮影システムとその映像を援用するいわゆるビデオ判定を指します。もし、VARによってあなたの人生が左右されるとしたらどのような結果をもたらすのでしょうか。 喜びの絶頂 あなたの人生に、VARが組み込まれていると想定しましょう。しかし、VARが人生に組み込まれた場合は、本当に良いことばかりなのでしょうか。 日常生活のアクシデントでは… 

[もっと読む...]
カテゴリー: スポーツ

超高給取りの女性アスリートたち

アスリート

ソース Pixabay プロのスポーツ選手は、もちろんものすごい額を稼いでいることは周知の事実です。プロスポーツ選手になるのは年齢的に遅すぎる場合は、で運を占って一発逆転するのも良いかもしれません。スポーツの世界には、稼いでいる男性がいますが、スポーツ界で大活躍をしている才能ある女性アスリートたちの存在も忘れてはいけません。 1.Serena Williams —総収入:1,810万ドル アメリカ・ミシガン州サギノー出身の女子プロテニス選手。 2.Caroline Wozniacki —総収入:1,300万ドル デンマーク・オーデンセ出身の女子プロテニス選手。 3.Sloane Stephens —総収入:1,120万ドル アメリカ・フロリダ州プランテーション出身の女子プロテニス選手。 4.Garbine Muguruza

[もっと読む...]
カテゴリー: スポーツ