サインアップ

試合でも大活躍!大金持ちのサッカー選手たち!

Faiq Bolkiahソース: Instagram

子どもたちがなりたい職業ランキングで、常に上位を締めているのがスポーツ選手だ。まだまだ日本では野球人気がすごいが、若年層で圧倒的な人気を誇っているのがサッカーだ。サッカーの魅力は様々だが、なかには試合ではたいしたことがなくても、ものすごい給料を稼いでいる選手もいる。

いったい、世界でもっともお金持ちなサッカー選手は一体誰なのだろうか、覗いていこう。

やはり本場の英国人、ギャレス・ベイル

ギャレス・ベイルはレアル・マドリードで戦うウェールズ代表の選手だ。サッカー選手のキャリアが始まることは早いことが多いが、ガレス・ベイルもご多分に漏れず、16歳と275日でプロデビューしている。それだけに実力も確かだったらしく、デビュー1年目にかかわらずフットボールリーグ・ヤングプレーヤー・オブ・ザ・イヤーという賞も受賞しているほど。

データ面においては2015年に測定された時点でドリブル速度が36.9km/hと測定されており、これは100m10秒を切る速度だ。は、早すぎる・・・

また、私生活ではアルコールを一切口にしないストイックな人物であり、ゴシップとも程遠い人柄も人気の秘訣かもしれない。常に体を試合のために作っている、まさにプロの鏡だ。

そんなベイルの2018年時点の手取りは約27億円、総資産は110億円だ。第7位でこれか…

Gareth Baleソース: Instagram

英国の若手ナンバーワン、ウェイン・ルーニー

ウェイン・ルーニーは現在2部リーグでプレイしているベテランプレイヤーだ。2部でプレイしているとはいっても全盛期はあの名門マンチェスター・ユナイテッドでプレイしていたため、その実力は折り紙付き。

マンチェスター時代はアタッカーとしては100年に1人の逸材とまで呼ばれ、事実5度のリーグ優勝をもたらしている。

私生活ではかなりのギャンブラーとしても知られており、マンチェスター市内のカジノで2時間に渡り8000万円近くを使ったとタブロイド紙に報道されている。

気になる財政面は、マンチェスター在籍時代の週給はなんと4830万円、しかもそれとは別にナイキやコカ・コーラ、サムスン電子などからのスポンサーシップ契約も行っていた。

総資産は173億円、7位とは60億近い差がついている。

Wayne Rooney ソース: Instagram

誰でも知ってるスター選手、ネイマール

サッカーに全く興味のない人でも、ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール、ネイマール選手のことを知らない人はいないだろう。ブラジル出身のネイマールはユース時代から頭抜けた活躍を見せ、プロ契約のために一家ともにポルトガルにまで引っ越しし、プロとしてのキャリアをスタート。

実は2005年、12歳の時点でレアル・マドリードと契約する話が持ち上がっていたという衝撃的な逸話まで存在している(結局この話は流れてしまい、プロデビューは15歳)。才能ある選手は小学生でも躊躇なく取りに行くサッカー界の苛烈な争いが感じられる。

ネイマールの年俸にはすさまじいたとえ話があり、彼が1秒生きているだけで130円、時給にして50万円以上を稼ぎ出しているのだ。

そんなネイマールの総資産は200億円とやはり桁外れの金額だ。

Neymar Jrソース: Instagram

スウェーデンの英雄、ズルタン・イブラヒモビッチ

スウェーデンを代表するトップ選手、ズルタン・イブラヒモビッチ。彼の両親はボスニア出身であり、その出自もまたスウェーデンの進んだ多文化社会を象徴していると言ってもいいだろう。

身長195センチという圧倒的なフィジカルから繰り広げられる力強いプレイによって、2002年の日韓ワールドカップでは若干20歳ながら選出された。

また、現在も38歳とサッカー選手の中では高齢ながら、いまだにACミランではその衰えない実力を発揮し続けている。

総資産は220億円、これからも増え続けるだろう。

Zlatan Ibrahimovićソース: Instagram

もはやレジェンド、リオネル・メッシ

13歳でFCバルセロナに加入、17歳で試合にデビューという華々しい経歴を持つメッシだが、そこに至るまでは苦難の連続だった。

アルゼンチンの貧しい両親のもとで生を授かったメッシには、10歳のときに先天的なホルモン異常が診断され、成長ホルモン投与を行わなければこれ以上成長しないということが判明。所属していた地元クラブからの援助も、アルゼンチンの経済崩壊によって支払いが困難となった。

そんな中受けたバルセロナの加入テスト。通常なら低身長と低年齢によって加入は許可されなかったが、当時の採用担当者が独断で(上層部の決定を待たずに)加入を許可し、家族でスペインに移住した。その後の活躍をここでわざわざ記す必要はないだろう。

総資産はイブラヒモビッチと大きく差をつけた400億円。やはりレジェンド…

Lionel Messiソース: Instagram

世界最高のプレイヤー、クリスティアーノ・ロナウド

ポルトガル出身の35歳、クリスティアーノ・ロナウドもトップ選手の中のトップ選手だ。父親が地元サッカークラブの運営を手伝っていたこともあり、幼少期からサッカーを始める。小さな頃は負けると泣いて悔しがるという一面もあったそうだ。

その後ポルトガルのプロチームと契約した後、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、ユベントスなどなだたる名門チームを渡り歩く。ユベントスから支払われた移籍金はなんと100億円以上に 登ったという。

総資産も500億円以上と、大差をつけての2位だ。

Cristiano Ronaldoソース: Instagram

え、この人が・・・ファイク・ボルキア

第1位はかなり拍子抜けするかもしれない。フェイク・ボルキアはブルネイ出身のお金持ちなサッカー選手で、ブルネイ代表の主将を努めているわずか22歳の新気鋭だ。

なぜ彼がたいしたチームに所属しているわけでもなく、スポンサーシップ契約をしているわけでもないのに、名だたるレジェンドプレイヤーたち以上のお金を持っているのかというと、彼はブルネイ王国の王子であるからだ。

マイナーながら世界一リッチな国として知られるブルネイ、フェイク・ボルキアの総資産もなんと2兆円ごえ。庶民どころかトッププロでも想像の及ばない領域に達してしまっている…


カジノで役立つ?!競馬のよくある質問 ... オンラインカジノでも使えるセキュリティーを高める方法 ...