サインアップ

あの名作がカジノゲームに殴り込み!

Street Fighter™ IIソース: Net|Ent

「ラウンド1、ファイト!」

今現在、どんな格闘ゲームをプレイしても、ほとんどの作品はこの掛け声から試合が始まる。カジノゲーム愛好会でも知っているであろう、そんな格闘ゲーム人気の礎となった伝説の作品、それがカプコン制作の「ストリートファイター2」だ。

そんなストリートファイター2がNetEntの新作ゲーム「Street Fighter™ II: The World Warrior Slot Touch」として、オンラインカジノにも殴り込みをかけてきた!早速レビューしていこう。

雰囲気はオリジナルそのまま

このオンラインスロットを起動して、最初に叩きつけられる衝撃が「キャラクター選択画面」だ。そう、オリジナルのゲームを踏襲し、8人のなかからお気に入りのキャラクターを選ぶことができる。リュウやケン、春麗はもちろん、エドモンド本田やガイルからダルシムなど、使い慣れたキャラクターで戦うことができるのだ!登場するシンボルもキャラクターの顔がついたもの、そしてストリートファイター2の独特なフォントが描かれたものだ。

そして、BGMから効果音、そしてキャラクターたちが技名を叫ぶときの声もオリジナルそのまま。どっぷりとストリートファイター2の世界に浸れること間違いなし。

もちろん、この新作ゲームの魅力はビジュアル面だけではない。次はシステム面をチェックしていこう。

ゲーム性を重視したシステム

まず基本中の基本、レイアウトは5リールx5の正方形をしている。そして、本作はウィンの算出にラインではなくクラスター形式を採用している。つまり、一定の範囲内(縦横問わず)に4つ以上のシンボルが揃っているとき、ウィンとなるのだ。また、もっとも配当が高いウィンのみが、ペイテーブルに則って支払われる。

そして、本作に搭載されているリールは従来の回るものではなくAvalanche™となっており、シンボルは画面上部から落下して積み重なっていき、そしてウィンが発生すると消える、その空白にはまた新たなシンボルが落下してくる。ゲーマーなら「落ちものパズル」に似ていると説明すればわかりやすいだろう。

とにかく、レビューしていてわかったのは「Street Fighter™ II: The World Warrior Slot Touch」はゲーム性にこだわった作品ということだ。SF2の名を関しているだけあり、そこは譲れないポイントだったのだろう。

画面のBETはベットしているコイン(またはキャッシュ)、BALANCEは自分の残高を指している。ベットはコインとキャッシュ両方で可能なのも、かゆいところに手が届く感じでにくい。

拳を固め、ライバルを叩きのめせ!ソース: Net|Ent

衝撃のフィーチャー、まさに格ゲーそのもの!

実はこのゲーム、キャラクター選択画面で選んだ以外の7人と、次々と試合を繰り広げる、という演出がなされる。そして、本当にオンラインスロットなのかと疑いたくなるのだが「体力バー」が存在し、0になると試合に負けてしまうのだ。自分のキャラクターのシンボルでウィンとなると相手にダメージを与え、相手キャラクターのシンボルだと自分がダメージを受ける。

また、本作のワイルドは「ワイルドゲージ」となり、配当金の高いウィンを作り上げていくとゲージが貯まっていき、最大まで溜まるとそれぞれのキャラクター独自の「ワイルドコンボ」が発動、画面を盛り上げる。

そして、負けてしまったときも、おなじみの「車破壊」ボーナスで逆転を狙うことができる。どれだけ車を破壊したかによって、コインが獲得できるのだ。

プレイヤーが勝利したときはフリースピン扱いの「ボスバトル」が始まる。バルログ、ベガ、サガット、バイソンなどの悪役と連戦していくのだ。また、ボス戦では勝てば勝つほどマルチプライヤーが上昇していく。一攫千金のチャンスかも?

もしボス戦で負けてしまっても、「コインを投入」ギャンブルフィーチャーによって、再戦が挑める可能性もある。あのゲーセンでコインを投入した思い出が鮮やかに蘇るだろう・・・

「Street Fighter™ II: The World Warrior Slot Touch」はモバイル版とデスクトップで近日サービス開始予定。拳を固め、ライバルを叩きのめせ!


オンラインカジノの軍資金が稼げる?!アフィリエイトプログラムとは ...