サインアップ

政府とフェイクニュースの害

民主的に統治されているどの国にも、その民主主義に対する特定の脅威が必ず存在する。また、人々の意見はしばしば、簡単に変わってしまうというのも事実である。特に、上手い話し方や、説得力のある話をされると、それが事実に基づいていようとなかろうと関係なく、影響を受けやすい。 社会が正しく機能するためには、情報への合理的なアクセスが欠かせないというのは確かなことだ。公開情報に検閲が入った途端、民主主義はもはや真実ではなくなるか、信頼が置けなくなる。フェイクニュース (嘘のニュース) を伴う記事や情報を規制するのは、オンラインカジノゲームを規制するのとは違い、 そんなに簡単なことではない。オンラインカジノゲームでは、乱数生成器や生成された結果を規制当局が監視することで、その公平性を確保することができるが、ニュースはそれよりもずっと流動的で、監視するのが難しい。 警察の取り調べで改ざんされた証拠が使われるのと同じように、メディアを通して手に入る情報は危険で、誤解を引き起こす可能性がある。世界中の国で、政府は誤った情報と日々戦っており、総選挙の時期はなおさらである。はびこるようになったフェイクニュースは、以前にも増して大きな問題となっており、鎮静の兆しも見えていない。 そのような状況に対し、もし対策があるとすれば、何ができるのか?

本物のジレンマ

本当に難しい問題は、誤った情報も情報不足も、どちらも同じように、民主主義の安定を損なっているということだ。だから、情報へのアクセスや、メディアによる発言の自由を制限することで状況を改善しようとしても、何の役にも立たないだろう。リスクを負わずにメリットだけを享受することは、不可能なのである。 情報不足や、情報へのアクセス制限による影響は、発展途上国でしばしば見られる。それらの国では、情報は公然と利用できる状態にあるものの、それらの情報への物理的なアクセス手段を誰もが持っている訳ではない。それらの国の人々は、情報を全く与えられていないか、適切に与えられていないため、しばしば民主的なプロセスへの参加が妨げられている。それこそが、情報不足やアクセス制限がもたらす、危険な影響なのである。 そのような状況は、有益な情報へのアクセスの欠如という、貧しい国が直面する問題をさらに助長し、恵まれた国との差がより大きく開いていくという、ネガティブなサイクルを強化するだけである。

危険なゲーム

情報源の信頼性に関わらず、人々がメディアの提供する情報に従って反応することは、現実的に予測できる。さらに、人々はそのような情報源から与えられた情報に基づいて、重要な決定を下すだろう。常にそうとは限らないが、メディアの提供する情報は、実際に起こっている事実をリアルに説明していると受け止められる。それは、特定の国や特定の状況においてだけではなく、世界中で起こり得ることだ。人々の意見は、人々が現実・真実であると感じるものによって形作られる。フェイクニュースを使えば、真実と嘘の境目を、簡単に曖昧にしてしまうことができる。

「沈黙は金」の常態化

間違った理由で政府がメディアの仕事に関与するようになると、問題はさらに大きなものとなる。政府が偏ったプロパガンダを広めようとするような場合だ。そのような行為は、利己的な考え方を押し付けて、政権の再選を確実にするために行われることがよくある。大抵の場合、それは人々の利益を最優先するものではなく、権力者たちの利己主義的な目的を果たそうとするものだ。 そのような場合、民主主義の原則が、社会内部で正常に機能しなくなる。そのことに良心的なメディアのメンバーが気付いたとしても、純真な人たちほど、しばしば理想的とは言えない状況に置かれることになる。そして社会は最終的に、より大きな集団の利益ではなく、自分自身を守るために真実を隠そうとする人たちの、嘘とペテンに満ちた非常に危険な集団となる。 政府はフェイクニュースの問題に取り組もうとする時、情報を検閲することと、正確な報道が確実に届くようにすることの間で、非常に微妙な綱渡りをする必要がある。現在のところ、フェイクニュースに対処するための具体的な方法はないが、将来はそれぞれの国でそれぞれの状況に基づいた規制が導入され、対策が講じられるようになるかもしれない。


健康と痩身のための装着デバイス ... 音楽はあなたのカジノ体験にどのように影響するか  ...