サインアップ

手頃な価格のハイブリッド/電気自動車

テスラがニューリリースしたモデル3は、航続距離を延長しデザインを洗練させた上で低価格を実現したことで話題を呼んでいます。しかし通勤用やファミリー用として完全電動式の車を購入することは、大多数の人にとって現実的な選択肢ではありません。モデル3の価格はそこそこのランクのファミリーサイズセダンやSUVと比べても2倍以上だからです。アメリカで一番手頃な電気自動車は、小型で航続距離が最大58マイルのスマート・エレクトリック・ドライブです。小売価格はおおよそ24,000ドル。ガソリン式のファミリー向けセダンがおよそ14,000ドルなので、価格競争力では大きく水をあけられています。 テクノロジーに価格がまだ追いついてはいないものの、ハイブリッド車と電気自動車が今後主流になっていくことは明らかです。ハイブリッド技術を牽引してきたのは、あらゆる面で高水準の性能を発揮し、価格を十分に抑えたトヨタ・プリウスでした。今では主要な自動車メーカーのほぼ全てがハイブリッド車か電気自動車の販売や設計に着手しています。

電動式パーソナルトランスポーター

大衆向け市場への電気自動車の投入は今もなお自動車産業の最終目標である一方、パーソナルトランスポーター業界では大きな進展が見られました。リチウムイオン電池技術の導入により、さまざまな業界に波及効果が起きたのです。スマートフォンのバッテリーが長時間持続するようになり、ユーザーが長時間モバイルスロットを楽しめるようになっただけでなく、ソーラーパネルの蓄電容量の増加、および移動用機器のユーザビリティの大幅な向上につながりました。リチウムイオン技術は電気自動車の軽量化とパワー向上にも貢献し、多くの人にとって現実的な選択肢になったのです。 最初に注目を集めたパーソナルトランスポーターは、自動でバランスを取るスクーターのセグウェイでした。大衆向けに販売するには価格が高すぎた点は失敗だったかもしれませんが、この製品は家庭やレクリエーション用に電気式トランスポーターを取り入れることについて考えるきっかけになりました。現在ホバーボードは大幅に価格を下げてきていますが、その用途はまだまだレクリエーション用にとどまっています。  

電気自転車

バッテリー駆動技術を全面的に採用している乗り物がひとつあるとすれば、かの身近な自転車です。現在では20種類以上のEバイクが街の道路や歩道を走っています。リッジバック、トレック、エミュー、ジャイアントなどの主要な自転車メーカーは、オンロードとオフロード用にバッテリー式の電動アシスト機能を組み込んだ自転車を生産しています。 軽量フレームと電動アシストを兼ね備えたEバイクは、スピードを求める通勤者にピッタリです。軽量のリチウムイオン電池は、かさばったり重量を増したりすることなくフレーム内部にすっきりと収まります。 都市部では、車のトランクに簡単に収納したり、公共交通機関に乗せたりできる折りたたみ式のEバイクが人気です。自転車の電化の効果は一時的なものではありません。技術が進歩して価格が下がっていけば、自動車に変わる交通手段を求めるユーザーを取り込んで売上高を増していくことでしょう。

Eスクーター

電化されたのは自転車だけではありません。バイク/スクーター業界は近年、完全電動式の二輪モペットやパフォーマンスバイクの生産に乗り出しています。平均航続距離が60km~100kmの完全電動式モペットの生産にベスパをはじめとしたメーカーが乗り出すなど、電動モペットはしだいに普及しはじめています。

高性能モーターサイクル

バイク市場では高性能バイクまでもが電動モーターへの移行を始めています。ゼロ・モーターサイクルズ、ドゥカティ、アプリリアといった大手メーカーはいずれも電動式バイクの試作品を作成し、将来的に大衆向け市場に投入する計画です。耳を聾するエンジン音と過激なスタイルで知られるハーレーダビットソンでさえも時流に乗っています。最初の完全電動式ハーレーは今後1~2年で発売される予定であり、同社の動向はファンからの注目を集めています。 将来的に交通手段は電動化へと向かうのでしょうが、確実に言えることはそれだけです。その変化がどれほど早く起こるのかは、価格、方法、そして人々がどれほど柔軟に新しい考え方を受け入れられるかにかかっています。


音楽はあなたのカジノ体験にどのように影響するか  ... 高まる女子サッカー選手たちの声 ...