サインアップ

プロゲーマーたちのゲーム中のストレス対処方法とは?!

ゲーム、机ソース: ExplorerBob

近年に入り、ますます盛り上がりを見せているeスポーツ。賞金をかけて、プロの選手としてコンピューターゲームをプレイする時代が来るなど、一体誰が想像できただろうか。しかし、その市場規模は他のプロスポーツと比較しても遜色なく、その人気の規模が伺い知れる。もちろん、オンラインカジノを通じてのベッティングをしている人も多いだろう。

そして、忘れてはいけないのが、主要なゲームをプロとしてプレイすることは、他のプロスポーツと同じだけのストレスを感じるということでもあるのだ。

一体、プロゲーマーたちはどういった方法でゲーム中のストレスを乗り切り、賞金を勝ち取っているのだろうか。詳しく見ていこう。

呼吸に集中?!

かつて、緊張をほぐす手段として、手のひらに「人」の字を書き、それを口で飲み込むという手段があった。もちろん、科学的には根拠がなく、「この方法は効くはず!」というプラシーボ効果の粋を出ないものだ。

それに、そんなもので緊張が取り払えていたら、カウンセラーや心理学者の商売は上がったりである。もっと科学的に証明されている方法は「呼吸に集中する」ことだ。

なんだか今流行っているアニメを思い出してしまうが、それとは関係ない。ただ、ひたすらに呼吸にのみ集中することは、古来より仏教などで瞑想、いわば集中の局地に達するための手段として利用されてきた。

意識して呼吸を行うことで、頭の雑念を払い、目の前の試合にのみ没頭する集中力、それはeスポーツでもっとも求められている力なのかもしれない。

独り言、だけどポジティブに!

鼓舞する、という単語がある。文字通り、太鼓を叩き踊ることで、兵士たちの士気を上げるという意味がある。応援というのはメンタルにかなり関わってくるのは、スポーツ愛好家には常識だろう。ホームチームがビジターよりもいい戦いをできるのは、やはりそういった声援の数が圧倒的に違うからだ。

それでは、応援が殆どない状況下ではどうすればいいのであろうか?答えは簡単、自分で自分を応援するのだ。自分に向かって「頑張れ」、「お前なら勝てる」、「圧勝だ」などと言うだけで、次第にポジティブな気持ちが湧いてくるだろう。

前項の「呼吸に集中する」と組み合わせたら、緊張状態がほぐれる上に、前向きな気分になることができるので、一石二鳥だ。

準備したものがすべてを制す

日本人なら、大なり小なり受験の経験があるはず。受験勉強で重要なのは復習、分析だ。そして、これはeスポーツの世界でも通じる。

まず復習については、とにかくマップ、武器やキャラクターの性能、作戦など試合に関わる要素を片っ端から学び直す。知ったつもりの情報でも、よく調べてみたら自分の知識と違ったり、またはアップデートなどで変更されてたりもする。

分析については相手プレイヤーやチームの得意とする戦法、キャラクターへの対処方法を学ぶ。前の大会の動画などを見るだけでも相手の長所と短所を学べるはずだ。

これのどこがストレスへの対処に繋がるのかというと、これは安心感を生成するのに大きな役割を果たしている。ただ漠然と勉強だけをして試験を受けるのと、復習と分析によって試験を知り尽くしてから受験するのでは、メンタル的にも合格率という側面から見ても遥かに優秀なのだ。

よく寝て、よく食べる

3大欲求のうち、欠かすと死んでしまうのは寝ることと食べること。これは、フィジカル面だけではなくメンタル面にも大きな影響を及ぼす。

具体的に言うと、三食のご飯を、決まった時間に、バランスよく食べることで脳内物質である必須アミノ酸「トリプトファン」を摂取することができる。このトリプトファンは体内では生成することができず、必然的に人類はみな食事を摂ることでトリプトファンを体内に入れるのだ。

そしてこのトリプトファンは「セロトニン」という物質に変換される。話がややこしくなって申し訳ないが、結論から言うとこのセロトニンは睡眠や精神安定にかかわる物質なのだ。

つまり、食をおろかにすると、質の良い睡眠を取れなくなり、睡眠不足からなる疲労感によってパフォーマンスが低下するだけでなく、鬱っぽくなってしまう。

トリプトファンは魚や豆、野菜に多く含まれる。意識して食べよう。

ゲーム、コントローラー:ソース: ninastock

エクササイズも忘れずに

Eスポーツは過酷なスポーツだ。体を動かしていない、と考える人もいるが、先に述べたとおり、ゲーム中の選手が感じるストレスは、他の人気プロスポーツと比べても遜色はない。精神的な負担と肉体的な負担は表裏一体だ。いい例として、プロのチェスプレイヤーは一日に4000kcalほどを消費する。頭を使い、体がプレッシャーからくるストレスを受け止めるのは負担がそれだけ大きいのだ。

そして、メンタル面を強化する良い手段は「適度な運動をする」ことが挙げられる。というのも運動することで体内で「セロトニン(そう、前項と同じ物質だ)」の生成を促進し、メンタル面にいい影響を与えてくれる。

週に3回、水泳やジョギングなど、有酸素運動が特に効果的とされている。また、反射神経の強化にもつながるので、成績が伸び悩んでいるのなら、運動をしてみよう。

不安に真正面から挑め!

嫌なことや不安、頭を悩ませる問題を抱えることは誰だってある。それが一時の緊張などだったら、その場面が終わればその緊張もほぐれるだろう。しかし、もし心が常に穏やかにならないような問題があるのなら、それは真正面から立ち向かって解決するしかないのだ。

たとえば、隣人とのトラブルを抱えている人もいるだろう。癪に障るかもしれないが、それでメンタル面に影響があるのなら、とっとと引っ越してしまったほうがいい。

ゲームが上手くなれずに悩んでいるのなら、コントローラーを置くのではなく、プロの動画を見たり、気晴らしを挟んだりして気長に練習してみるのもいいだろう。


オンラインカジノであそんでいたら、いつの間にかプレミアムリーグ再開! ... カジノで役立つ?!競馬のよくある質問 ...