サインアップ

オンラインカジノであそんでいたら、いつの間にかプレミアムリーグ再開!

サッカーグラウンド、サポーターソース: Pixabay

全国津々浦々、東西南北のサッカーサポーターたちよ、どうやって自粛期間を乗り越えただろうか?ようやく世界各地で経済活動再開の見通しがたっているが、プロサッカーリーグの再開も例外ではない。

そして、リーグ再開の吉報を聞いて安心できたのはオンラインカジノ業界も同じだ。スポーツベッティングも、いまやオンラインスロットと人気を二分するほどの人気っぷりなのだ。

しかし、再開を喜んでばかりはいられない。感染拡大を予防するため、さまざまな処置が取られる。

はたして今まで通りにプレミアムリーグを楽しむことはできるのか・・・?!詳しく見ていこう。

今シーズンは残りどれくらいなの

イギリス政府による発表では、プレミアムリーグを含む、イギリス国内のプロスポーツ大会を6月17日から再開することに決定。しかし、時期が時期だけに、デジタル・文化・メディア・スポーツ省、そしてイギリス公衆衛生局が作り出したガイドラインに則って試合を行うこととなる。

具体的な感染対策を話すと、決定的な違いは「無観客試合」だろう。これは日本のプロ野球でもすでに無観客試合が決定されており、いわゆる3密を回避するためには致し方ないことだ。しかし、やはり観客の声援がなければ盛り上がりに欠けることは否定できない。だからといって、サポーターの入場を許せば・・・という完全なジレンマに陥ってしまうのだ。

プレミアムリーグが中止されたのは3月13日。イギリス国内で感染が拡大し始めた時期で、再開は実に3ヶ月ぶりとなる。つまり、シーズンのうちすでに4分の1はなにもできぬまま終わってしまっているのだ。

各クラブに残されている試合数は全39試合中、11から12試合。おそらく、それぞれのサポーターが期待していた試合カードがあっただろうが、それもすべて無に帰してしまった。また、リーグチャンピオンを決めるプレーオフも開催されない予定なので、各クラブはこの残された試合に全力で、いや死にものぐるいで取り組まなければならない。もしかすると、いつも以上に白熱した試合が見れるかも・・・?

リードしてるチームは?

現在、プレミアムリーグの首位を走るのは名門「リヴァプールFC」だ。こんな時期にもかかわらず、調子は絶好調で、もしかすると創立以来初の優勝を果たせるかもしれないともいわれている。最初の29試合で負けたのはわずか1試合、総得点数はなんと82点にも及んでおり、新記録を樹立する可能性もある。

2位はマンチェスターシティFCで、残りは11試合で得点差は25点と、かなり大差をつけられてしまっている。逆転のチャンスはあるのか・・・?

・・・・・・いやいや、ちょっと待て、リヴァプールって優勝したことないの?嘘ついてんじゃねぇ!なんて声が聞こえてきそうだが、嘘ではありません。リヴァプールFCはプレミアムリーグでタイトルを獲得したことはありません。

リヴァプールFCはたしかに、誰もが認める文句なしの名門クラブであり、世界的トップクラスの大会に3度も優勝を果たしている。しかし、プレミアムリーグがスタートした1992年以来、イギリス最強のタイトルを獲得したことは一度もない。ちなみに、2部リーグでは合計18回の優勝を果たしており、現在のチャンピオンもリヴァプールFCだ。

大舞台には強いのに、地元では気が抜けてしまうのだろうか・・・?

入れ替え戦はどうなるの?

プレミアムリーグをあまり見ない人にご説明すると、プレミアムリーグでは毎年、下位5チームが2部リーグの上位5チームと入れ替わる。いわゆる2部降格というやつだ。

ノリッジ・シティFCは現在プレミアムリーグ最下位であり、他のすべてのチームと最低でも4ポイント以上離されており、二部降格を逃れるまで6ポイントが必要だ。

また、二部降格が危ぶまれているチームたちも得点差はたったの4点でしのぎを削っている状態だ。ブライトンFCは29ポイントで最下位組脱出も近いと言われているが、そのすぐあとをウェストハム・ユナイテッド、ワトフォード、ボーンマスが27点同率で死闘を繰り広げている。アストンビラは現在25点の19位だ。

他にもリーグ脱落危機のチームはいる?

スポーツには逆転がつきものなので、もちろんこれから順位が変わること可能性も捨てきれないが、上位5チームはほぼ固まってしまっていると言ってもいいだろう。

首位を独創するのはリヴァプールFCで、その後を追撃するのはマンチェスターシティの57点、猛烈な追い上げを見せているのがランカスター・シティの53ポイント。しかし、先程もお伝えしたが、リヴァプールFCの調子が絶好調なこともあり、あと11試合ほどで25点の差を埋めることは難しいだろう。

そんな上位3組に負けじと名門チェルシーが48点、マンチェスター・ユナイテッドが45点でなんとかトップ3に食い込もうとぶつかり合っている。

しかし、その下に6チームが6点差で迫ってきていることもあり、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドもその地位が危ぶまれている。

サッカー、試合中ソース: Pixabay

もしシーズンが終わされなかったら?

そう、すでに一度は例の新型感染症のおかげで中止に追いやられたプレミアムリーグ。サポーターたちが心配するのは「もしもう一度中止になって、シーズンが終わらせることができなかったら?」だろう。かなり落ち着いてきたといっても、イギリスは医療崩壊すら危ぶまれている状態なのは否定できない。

いちおう、公式の発表ではアンウェイテッド・ポイント方式で順位を決定するとしている。通常のウェイテッド・ポイント方式ではホームでの試合、そしてアウェイでの試合の平均得点を算出し、それを合算して最終的なポイントを出すものが採用されてきたが、今回はそれに関係なくポイントを算出する方式が取られることとなった。

サポーターたちの反応は様々だが、とりあえずはプレミアムリーグが再開したことを喜んでいる様子だ。無事に終わりますように…


オンラインカジノの軍資金が稼げる?!アフィリエイトプログラムとは ... プロゲーマーたちのゲーム中のストレス対処方法とは?! ...